行事詳細|石城山 舎那院 神護寺

行事詳細

聖天護摩供

聖天護摩供|神護寺 山口県平生町
 聖天とは、正しくは大聖歓喜天といい、人身象頭にして男天・女天の合体仏です。インドにおいては智慧の神として日本においては夫婦和合・商売繁昌・家内安全・身体健全を司ります。
 護摩とは、供物を祭壇の炉の中に投げ入れると火?となって天に登り、天の諸神の口に達し、諸神はそれに答え、共に焚かれた願い事を叶えてくれます。

 聖天護摩供養は、大聖歓喜天に護摩を捧げることにより夫婦和合・商売繁盛・家内安全・身体健全等の諸祈願成就を祈ります。

 初聖天護摩供はこのうち、年初に行われる護摩供のことです。


節分 星祭り

更新中

春季地蔵尊供

延命地蔵菩薩坐像|石城山神護寺 山口県平生町
 大般若転読法要が行われます。
 大般若経六百巻を毎年三十巻づつ転読し、数年にて完読します。各巻の表題と数行のみを読誦し、後は折本をさらさらと開き、その風により所願成就するとの信仰に基づく、古より伝わる法要です。
 当寺の本尊である山口県指定文化財の地蔵菩薩座像に祈願します。


きゅうり加持


 弘法大師空海により行われた秘法で、土用の丑の日に行われます。
 病気・災難等々を紙に記し、きゅうりに封じ込みます。その後、このきゅうりを加持、祈念し、翌日夜明け前に土に埋めます。
 埋めたきゅうりが腐ることによって、封じ込んだ病気・災難も一緒に消滅するという信仰に基づきます。


施餓鬼法要

皆様のご先祖を供養するとともに、無縁仏や水子の霊など、 あらゆる霊をお寺で供養します。

秋季本尊供

理趣三昧|石城山神護寺 山口県平生町
 理趣三昧法要が行われます。
 千手観音菩薩を本尊として、理趣経の儀軌に基づき滅罪・息災・敬愛(家内安全、所願成就)を祈願します。

 理趣経は真言密教における根本経典であり、日々読誦されています。


石城山 舎那院 神護寺
(いわきさん しゃないん じんごじ)

〒742-1106
山口県熊毛郡平生町大野南1218

住職 松本 澄胤 (まつもと ちょういん)

TEL 0820-56-5194

Mail mail@jingoji.com